韓国と日本の歴史について

韓国は英語ではkoreaと記し、正式名称は大韓民国です。隣の国ということもあり昔から付き合いのある国です。歴史を紐解けば、百済という国が今の韓国にあり戦争で苦しんでいるので日本に助けを求めた白村江の戦いや、豊臣秀吉が韓国のある朝鮮半島に兵を送った1592年 文禄の役(壬申の倭乱)1597年 慶長の役(丁酉の倭乱)が有名です。しかし戦争以外にも多くの文化交流があり、お互いに影響し合って今日まで来ています。

 

韓国で人気が上がると、日本でも人気になる

 

日本でも人気があった冬のソナタなどは、まずは韓国でとても人気が出たことから、日本語に吹き替えたものが放送されると、すぐに人気が爆発しました。このように韓国の文化が日本に受けることはとても多いのです。もちろん反対に日本のアニメやアイドルが韓国で人気があることもあります。

 

同じ悩みを持っている

 

日本も韓国も同じことを好むことから、同じ原因で悩むことも多いです。女性で言えば美容関連、男性で言えば性に関する物事です。
EDにかかる男性の数は韓国も日本でも増え続けているのです。そのためさまざまな治療法が常に研究されていますが、その部分においては日本は数歩遅れているのです。原因は日本には治療に関する決まりごとが多いからです。もちろんその分安全性が重視されているとも言いかえることができます。

ED治療には勃起薬

 

勃起薬は世界中で研究開発されています。有名なものではバイアグラでしょうか?日本でも韓国でも手に入れることができるので、とても人気があります。ただバイアグラにも欠点があり、飲むと食事をしてはいけないとか、空腹時にしか飲んではいけないとか、いろいろあります。さらに、開発されたのがアメリカなので、アメリカ人の男性向けの勃起薬ということもあり、韓国や日本の男性には向いていないといわれることがありました。
そんな中、韓国でアジア人向けに開発された勃起薬が誕生しました。それがザイデナです。

 

ザイデナについて

 

ザイデナは韓国の東亜製薬という製薬会社が開発しました。初めは前立腺肥大症を治す薬としてでしたが、勃起薬としての効果も十分にありました。成分名はウデナフィルといい、東亜製薬が販売特許を持っています。しかしまだ世界的にはその効果が証明されておらず、2015年現在では見切り発車の状態で販売が開始しました。日本でも個人輸入の制度を使って多くの方が購入しました。購入者の声においても十分に満足できているという声が多く、健康被害や副作用についても大きなものはまだ報告が上がっていません。

 

ザイデナを個人輸入する

 

日本では個人輸入については基本的に自己責任です。なので、どのような薬であるかは自分で判断して購入することが必要です。もちろん重度の副作用が出た場合においても、個人輸入した薬での副作用の場合は保険が適用されない場合があります。個人輸入することにはリスクが付くものとご承知ください。

 

個人輸入の方法がわからないけれども、海外の薬を個人的に購入したい方のために日本でも個人輸入代行サービスという制度があります。わかりやすく説明すると取り扱う商品は海外のものだけれども、注文窓口だけ日本にあるという感じです。なので、注文も日本語に対応しているので、個人輸入の制度や外国語がわからない方でも日本にいながら簡単に注文できるのです。2015年現在でザイデナを取り扱う個人輸入代行会社は「あんしん通販薬局」と「ネット総合病院」の二つです。
ザイデナは売り切れになっていることが多いので売り切れの場合は類似品としてシアリスのジェネリック薬のタダシップをお勧めします。

 

ザイデナを使ってみた感想

 

私は30代なのですが、最近ちょっとだけED気味なので生まれて初めて勃起薬を試そうと思いネットで調べていました。副作用がないもので国産物のをと思ったのですが、なんだか国産のものは勃起薬ではなく精力剤や健康食品のようなものしかなく、効き目や効果がわかりにくかったので悩んでいました。そんな時にザイデナのことを知り、しかもアジア人向けの勃起薬で副作用が少ないとあり、さっそく安心通販薬局で注文してみました。約一週間ほどで家に届いたのですが、一箱四錠入りで五千円ぐらいしたので、一錠あたり千円以上ということを知りさらにびっくりしまいた。おそるおそる飲んで効果が出るか調べました。いきなり本番で使うのも勇気がいるので、一人でいるときに飲みました。すると、最近ではありえないぐらい元気に勃起することができました。EDに悩んでいた時期はなんだったんだろうと思いました。こんなことならもっと早くにこのザイデナを使っていれば、ととっても後悔してしまいました。

 


このページの先頭へ戻る